自宅入浴

湯冷めしないための入浴方法を徹底解説【2点だけ気をつければOK】

2022年2月24日

アイキャッチ
ヒナタ

寒い季節は入浴後油断していると湯冷めしちゃうかもしれないから気をつけないとね。

確かに湯冷めすると風邪をひきやすくなるから注意しないとだよね。この記事では湯冷めしないための対策について解説していくよ。

ソラタ

この記事はこんな方におすすめ

  • 湯冷めの原因や対策方法について知りたい。
  • 入浴で体を芯まで温めたい。
  • 入浴後に体を冷やさないための対策を知りたい。

この記事では湯冷めしてしまう原因と対策について解説していきます。湯冷めしてしまうと風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまう危険があるので是非この記事を最後まで読んで湯冷めについての正しい知識を身につけましょう。

ソラタ

あなたの生活をより良くするための情報をTwitterYouTubeFacebookからも発信しています。

湯冷めする原因と予防方法

寒い

お風呂に入ると血行が良くなり「疲労回復」、「免疫力向上」、「ストレス解消」、「冷え性改善」などの健康効果が期待できます。

そんな身体にいいことがたくさんある入浴ですが入浴後の「湯冷め」には気をつけないといけません。湯冷めを起こしてしまうと体が冷えてしまい寒気を感じたり風邪をひきやすい状態になってしまいます。

入浴をすることで体温が上がるのは知っての通りですが、入浴後は体が入浴前の体温に戻そうとするので体温が徐々に下がっていきます。この一連の体のはたらきが湯冷めの原因となっています。

入浴後に時間をかけてゆっくりと体温が下がっていくのは問題ないのですが、汗をそのままにしておくなどして体が急激に冷えると風邪をひきやすくなってしまいます。湯冷めを予防するにはで入浴で体を良く温めることと、入浴後に体を冷やさないようにすることが有効な予防手段です。

入浴で体を芯まで温める

入浴剤

湯冷めしないためにはまず入浴中に体を芯まで温めるのが重要です。入浴で体が温まらないうちに湯船から上がってしまうと、体温が下がり湯冷めを引き起こしてしまう心配があります。体を芯まで温めるには以下の方法を試してみてください。

入浴剤を使用する

入浴剤を使用することでお湯の温熱作用が高くなり、普通のお湯よりも体を温めるのに効果的です。更に入浴後に急激に体が冷えるを防いでくれます。

入浴剤にはいくつか種類がありますが体を温める目的なら無機塩類系か炭酸ガス系のものがおすすめです。私のおすすめの入浴剤は「BARTH」です。この入浴剤は炭酸ガス系の入浴剤で、疲労回復効果も高くなっており疲れがたまった日などにももってこいの入浴剤です。

入浴剤についてもっとよく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

アイキャッチ
入浴剤の種類と効能について徹底解説【症状別おすすめ入浴剤4選】

続きを見る

入浴剤がないときは…

自宅に入浴剤がなくても身近なもので「薬湯」を楽しむことができます。よく洗ったみかんゆずの皮をネットや履けなくなったストッキングなどに入れて浴槽に浮かべるだけで薬湯になります。同様に大根の葉ハーブよもぎなどを浮かべるのでも立派な薬湯です。薬湯も入浴剤同様に体を温める効果がアップするので、入浴剤がないときなどは試してみてください。

セルフマッサージしてみる

湯船に入りながら、足や腕、肩など自分の体をセルフマッサージしてみましょう。血流が改善されて体が温まるだけでなく、疲労回復効果も期待できます。またお風呂でバタ足するのも血流改善効果が期待できるためおすすめです。

くれぐれも長湯にはご注意を

今まで入浴で体を温めるのは大切だと伝えてきましたが、無理をして長湯などしないように注意してください。無理をして長湯をするとめまいや立ちくらみなどを起こして重大な事故につながりかねません。

私は基本的に入浴において40℃のお湯に10分間全身浴する入浴方法を推しています。もし10分入浴しても体が温まらない場合は一度浴槽から出て体や頭を洗うなどして体の温度を下げてから、もう一度湯船につかるようにしてください。それでも合計で15分以上の入浴は体の負担が大きくなってしまうのでおすすめできません。

入浴時間やお湯の温度については以下の記事で詳しく解説しています。

アイキャッチ
【医師が認めた】入浴に最適な時間とお湯の温度について解説

続きを見る

入浴後は体をひやさないように

寒い

入浴をして体を良く温めた後は、体温を保温することが湯冷めしないために大切です。入浴後に体を冷やさないために以下の方法を心がけてみてください。

体を良く拭く

入浴後は脱衣所で体についている水滴を良く拭きましょう。体についた水分は蒸発するときに体の熱を奪っていくので、濡れたままにしていると体が冷える原因になってしまいます。また入浴後は汗をかいているので汗が落ち着くまではバスローブなどを着るのもおすすめです。

なるべく早く髪を乾かす

入浴後は体と同様に髪の毛も早めに乾かしてしまいましょう。髪の毛を自然乾燥で乾かす方もいますが、髪の毛や頭皮に雑菌が増える原因になるので必ずドライヤーでよく髪を乾かすようにして下さい。

髪が長い方は「ハホニコ ヘアドライタオル マイクロファイバー」が大変おすすめです。こちらは美容師さんが髪のことを考えてつくられたタオルになっております。通常の綿100%のタオルの約4倍の吸収量なのでタオルドライだけでかなり髪が乾き、ドライヤーの時間を短縮できるようになっています。

いつまでも薄着でいない

入浴後は深部体温が上がっているので、すぐに服を着たくないと思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし薄着のまま10分も15分も過ごしていては、湯冷めまっしぐらです。入浴後はなるべく早く体や髪を乾かし、汗がひいてきたらすぐに服を着るようにしましょう。

入浴後に汗が止まらないときは、入浴時間が長すぎて湯のぼせしている可能性があります。湯のぼせは脱水症などの危険があるのでもう少し入浴時間を短くしてみましょう。

ホットドリンクで体の中から温める

入浴後に白湯などのホットドリンクを飲むことで体を温めることができ、なおかつ入眠をスムーズにする効果が期待できます。この時ノンカフェインのの飲み物を飲むようにしましょう。カフェイン入りの飲み物を飲んでしまうっとかえって眠気を妨げたり、睡眠が浅くなってしまいます。寝る前におすすめのホットドリンクについては以下の記事を参考にしてみてください。

アイキャッチ
【ノンカフェイン】寝る前に体を温める飲み物 7選【飲むタイミングも】

続きを見る

まとめ

まとめ

ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。

この記事では湯攻めを防ぐための対策について解説してきました。今回の内容をまとめると以下になります。

まとめ

  • 湯冷めしてしまうと風邪をひく原因になってしまう。
  • 入浴で体を芯まで温めるの大切。
  • 入浴後は体が冷えるのを防ごう。

湯冷め対策をして快適なバスタイムを過ごしてみてください。

この記事を通じてあなたの生活が少しでも素晴らしいものになることを願っています。

参考にさせて頂いた書籍・論文・サイト

【書籍】「おうち時間を快適に過ごす入浴は究極の疲労回復術」早坂信哉

P.S

TwitterYouTubeでも日々情報を発信しています。それではまた次の記事でお会いしましょう(^^)/


アイキャッチ
【自宅で整う】超簡単にできる温冷交代浴のやり方【危険はある?】

続きを見る

レビュー

【低GI食品】明治 チョコレート効果カカオ95% レビュー

この記事では明治から販売されている「チョコレート効果カカオ95%」の正直レビューをしていきます。結論から言うとこの商品は名前の通りカカオ本来の強い苦みや芳醇な香りを楽しめる素晴らしいチョコレートとなっております。また、カカオポリフェノールをはじめとした健康効果が期待できる商品なので健康になりたい方にもおすすめです。この記事を最後までご覧いただくと「チョコレート効果カカオ95%」の特徴、成分、味、コスパ、どんな方におすすめな商品なのかがわかります。購入する際は参考にしてみてください。 リンク チョコレート効 ...

記事を読む

アイキャッチ

自宅入浴

お風呂はシャワーだけで十分?シャワーと入浴を徹底比較【生活改善】

この記事では「お風呂はシャワーだけでも大丈夫なの?」という疑問について回答していきます。記事の後半ではシャワーで疲れをとるための効果的な入浴方法を紹介するので是非最後までご覧ください。 夜は入浴、朝はシャワーがおすすめ お風呂はシャワーだけでも大丈夫?と疑問を持っている方へまず最初に私の結論を話したいと思います。 個人的には「夜は湯船にゆっくり浸かり、朝はシャワーを短時間浴びる」のが一番おすすめです。これから理由について詳しく解説していきます。 夜は湯船につかって疲れをとる 夜のお風呂はシャワーだけで済ま ...

記事を読む

その他

【寒くて寝付けない人必見】湯たんぽでぐっすり快眠するコツ 3選

この記事はこんな方におすすめ 寒くてなかなか寝付けないかた。 湯たんぽを使って快眠するコツを知りたいかた。 おすすめの湯たんぽを知りたいかた。 この記事では、寒くて寝付けないときに湯たんぽがおすすめな理由とぐっすり快眠するためのコツについて解説していきます。私自身ひどい冷え性で寒い日は湯たんぽを手放せません。 同じ悩みを持っている方の悩みを少しでも解消できたら幸いです。 湯たんぽは「徐々に冷める」から快眠できる 寒くてなかなか寝付けない経験はありませんか? そんな時は「湯たんぽ」がおすすめです。湯たんぽと ...

記事を読む

アイキャッチ

レビュー

チョコレート効果カカオ72%を3か月食べ続けてみた結果【痩せない】

この記事では明治から製造されている「チョコレート効果カカオ72%」がどんな商品なのかや、3か月間食べ続けた結果についてまとめていきます。 また、記事の後半では継続して摂取する際のコツについても解説しているので是非最後までご覧ください。 リンク 明治チョコレート効果カカオ72%はこんな商品 最初にチョコレート効果カカオ72%がどんな商品なのかを簡単に解説していきます。 チョコレート効果カカオ72%は一言でいうと「カカオポリフェノールと低GIのいいとこどりができる商品」です。 カカオポリフェノールの健康効果 ...

記事を読む

食生活

【低カロリー】おでんダイエットおすすめ具材10選【高たんぱく質】

最近めっきり寒くなってきて、おでんが美味しい季節になってきましたね。実はおでんはヘルシーな具材が多く、ダイエット中の食事に最適だと知っていましたか? この記事を読むことでおでんダイエットの正しい知識を身に着けることができるので是非最後までご覧ください。 おでんはヘルシーでダイエット向き! おでんはヘルシーな具材が多くダイエットや食事制限を行っている人に最適な食事です。 やり方は簡単で普段の食事をおでんに置換えるだけ。まずは1日のうち1食をおでんに置換えてみてください。少量であればご飯を食べてもOKです。ま ...

記事を読む

アイキャッチ

食生活

【ノンカフェイン】寝る前に体を温める飲み物 7選【飲むタイミングも】

この記事はこんな方におすすめ 夜寒くてなかなか寝付けないかた。 体を温めてくれるノンカフェインドリンクを探しているかた。 温活を始めたいかた。 この記事では夜寝る前に体を温めてくれる飲み物と効果的な飲むタイミングを紹介していきます。 末端冷え性等でなかなか寝付けない方には、とても有用な情報ばかりなので是非最後までご覧ください。 寝る前におすすめな身体を温める飲み物 7選 体を温める温活を行うことで免疫力アップや代謝アップが期待できます。 今回は体を温める飲み物を7つ紹介します。全てノンカフェインなので寝る ...

記事を読む

レビュー

【免疫力向上】iMUSE(イミューズ) ヨーグルトテイスト レビュー【太る?】

この記事ではキリンから販売されている「iMUSE(イミューズ) ヨーグルトテイスト」の正直レビューをしていきます。 この記事を最後までご覧いただくと「イミューズ」の特徴、成分、味、コスパ、どんな方におすすめな商品なのかがわかります。購入する際は参考にしてみてください。 また、イミューズの他の味との比較レビューについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。 iMUSE(イミューズ) ヨーグルトテイスト レビュー 上記の画像が先日購入しました「iMUSE(イミューズ) ヨーグルトテイスト」です。 目を引く赤色 ...

記事を読む

その他

【本当に効果があった】冷え性・手足の冷えの対策改善方法6選

この記事はこんな方におすすめ 冷え性、手足の冷えに効果がある対策、改善策を知りたいかた。 おすすめの温活グッズについて教えてほしいかた。 今すぐつらい冷えを何とかしたいかた。 寒さが一段と厳しくなり「冷え性」や「手足の冷え」に悩む方も多いのではないでしょうか?かくいう私も小さいころからひどい冷え性に悩まされてきました。 今回はそんな私が冷え性の改善に効果を実感できた冷え性対策についてまとめていきます。この記事を最後まで読むことであなたにピッタリの冷え性対策がきっと見つかりますので是非最後までご覧ください。 ...

記事を読む

-自宅入浴