温泉・サウナ

【誰もがととのう】サウナの正しい入り方を解説【水風呂は怖くない】

アイキャッチ
ヒナタ

サウナっていまいちどうやって入るのが正解か分からないのよね~。

それじゃあ今回はサウナの正しい入り方について解説していくよ!

ソラタ

この記事はこんな方におすすめ

  • 正しいサウナの入り方でととのいたい。
  • 水風呂に入るのが苦手。水風呂に入るコツを知りたい。
  • サウナにはどんなメリットがあるの?

この記事ではサウナの正しい入り方について詳しく解説しています。まだ「ととのう」を感じたことがない方や水風呂がどうも苦手だと感じている方にはとても有用な情報が満載なので是非最後までご覧ください。そして今週末はサウナでととのいましょう。

ソラタ

あなたの生活をより良くするための情報をTwitterやFacebookからも発信しています。

ととのうためのサウナの入り方

サウナ

サウナは「サウナ→水風呂→外気浴」を1セットとして、それを2,3セット繰り返すのが基本です。具体的には以下の流れで入るようにしましょう。

サウナの入り方


  • step.1 身体を良く洗う


  • step.2 湯船につかって体を温める


  • step.3 サウナ

  • step.4 水風呂

  • step.5 外気浴

  • step.6 step.3~5を2,3セット繰り返す

  • step.7 シャワーで汗を流す

サウナ、水風呂、外気浴に関しては更に詳しく説明していきます。

サウナのポイント

サウナ

サウナに入る際は以下のポイントを押さえましょう。

サウナに入る際のポイント

  • サウナは上段ほど熱い
  • スペースに余裕があればあぐらをかく
  • 6~12分が目安

サウナは座る位置によって温度がかなり変わります。熱い空気は上に集まるので下段より上段の方が熱く、同じ段でもサウナストーンに近いほど熱くなります。サウナ初心者の方はまず一番下の段から座るようにしましょう。

そして座り方にもコツがあります。先ほども話しましたがサウナ室は地面からの高さによって温度が変わります。横の方と十分なスペースがあるときは、なるべくムラなく体を温めるためにあぐらをかいて座るのがおすすめです。(高さを揃えるとムラなく体を温められます。)

サウナ室内から出る目安ですが、6~12分経ったらサウナ室を出るようにしましょう。サウナは我慢比べではないのでくれぐれも無理はしないようにしましょう。

水風呂のポイント

水風呂

水風呂に入る際は以下のポイントを押さえましょう。

水風呂に入る際のポイント

  • 入る前にかけ湯をする
  • 大きく息を吸ってから、吐きながら入る
  • 吐く息が冷たくなったら出る

サウナ室から出たら次は水風呂で体を冷やしましょう。サウナの後は大量の汗をかいているのでそのまま水風呂に入るのはマナー違反です。必ずかけ湯をしてから水風呂に入るようにしましょう。

水風呂に入るのが苦手な方は是非水風呂に入る前に大きく息を吸って、吐きながら水風呂に入ってみてください。びっくりするくらい水風呂が気持ちよく感じられるはずです。

詳しい説明はここでは割愛しますが、上記のやり方だと心臓への負担が和らぎます。心臓の負担が減ることで冷たいと思う感覚が和らぎます。

水風呂に入っていると自分の吐く息が冷たく感じてきます。自分の吐く息が冷たくなったら、あなたの体は十分に冷やされている合図なので、そのタイミングで水風呂から上がりましょう。

外気浴のポイント

外気浴

外気浴を行うと際は以下のポイントを押さえましょう。

外気浴のポイント

  • 立って休憩するのはNG、必ずととのい椅子に座る
  • 5~10分を目安に行う
  • 外気浴後は水分補給

水風呂を上がったら次は外気浴をしましょう。この時あなたは最高に「ととのっている」ことでしょう。

この時必ずととのい椅子に座って外気浴を行いましょう。立ったまま外気浴をすると、下半身の血液を重力に逆らって循環させるため心臓へ負担がかかってしまうからです。

外気浴は5~10分行い、次のセットに移る前に必ず水分補給を行いましょう。

「ととのう」とは

ととのう

実は人の脳は意識していなくても常に様々な情報を処理しています。それも1つのことだけではなく常に複数のことを同時に処理しています。

しかしサウナという極限状況に身を投じることで脳は強制的に様々な思考をシャットダウンして、持てる力を全て使って環境に適応するため思考を巡らせます。

これは瞑想などを行って「マインドフルネス(今ここに全集中する)」な状態になることに近いです。

このマインドフルネスな状態を超えた先にあるものこそがまさに「ととのう」ということです。

ととのっている状態は個人差がありますが、私の場合は「自己と世界の輪郭があいまいになるように感じる」という表現がしっくりきます。(文字に起こすとかなりヤバいことを言っている気がしますね。。。)

サウナのメリット

OK

サウナには以下のようなメリットが期待できます。ぜひあなたも今週末にサウナに行ってみるのはどうでしょうか?

サウナの効果・メリット

  • ストレス解消
  • 集中力アップ
  • 睡眠の質の改善
  • 美容効果
  • 肩こり、腰痛の改善

まとめ

サウナ

ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。

この記事ではサウナの正しい入り方について詳しく解説してきました。この記事をまとめると以下になります。

まとめ

  • サウナは「サウナ→水風呂→外気浴」を3,4セット繰り返すのが基本の入り方。
  • 水風呂は大きく息を吸ってから、吐きながら入ると冷たさが和らぐ。
  • サウナには多くのメリットが期待できる。

この記事を通じてあなたの生活が少しでも素晴らしいものになることを願っています。

参考にさせて頂いた書籍・論文・サイト

【書籍】「医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?」加藤 容崇

P.S

Twitterでも日々情報を発信しています。それではまた次の記事でお会いしましょう(^^)/


アイキャッチ
【医師が認めた】入浴に最適な時間とお湯の温度について解説

続きを見る

食生活

【初心者向け】腸活で毎日食べたいおすすめ食品5選【発酵食品】

近年注目を浴びている「腸活」ですが、実際にどんな食品を摂取すればよいかわからない方も多いのではないでしょうか?この記事ではそんな腸活初心者向けに腸活を行うメリットと、腸活におすすめな食品を紹介していきます。腸活を継続することで腸内の善玉菌が増え、様々な健康効果が期待できます。是非この記事を最後まで読んで、あなたの生活に腸活を取入れてみてください。きっとあなたの体でその効果を実感することができます。 腸活を行うメリット 腸活を行い腸内環境を整えることは以下のメリットがあります。 上記に挙げたように腸活には多 ...

記事を読む

アイキャッチ

オートミール レシピ

【オートミール使用】簡単!豆腐パンナコッタのレシピ【調理時間5分】

この記事ではオートミールを使って簡単にできる「豆腐パンナコッタ」のレシピを紹介します。 私はYouTubeで60本以上のオートミールレシピを配信していますが「豆腐パンナコッタ」は特に人気のメニューです。 記事の後半ではオートミールダイエットのメリットについても解説しているので是非最後までご覧ください。 \オートミールダイエットを今すぐ始めたいあなたにおすすめです/ 動画でもレシピを公開中 YouTubeチャンネル「ソラタの超生活改善チャンネル」では60本以上のオートミールを使用したレシピ動画を配信していま ...

記事を読む

レビュー

【健康志向チョコレート】オリゴスマート レビュー【健康効果解説】

この記事ではmeijiから販売されている「オリゴスマート(マイルドビターチョコレート)」の正直レビューをしていきます。 この記事を最後までご覧いただくとオリゴスマートの特徴、成分、味、コスパ、どんな方におすすめな商品なのかがわかります。購入する際は参考にしてみてください。 リンク オリゴスマート(マイルドビター)レビュー 上記の画像が先日購入しました「オリゴスマート(マイルドビター)」です。 パッケージがとてもおしゃれでかわいいです。 こちらの商品を実際に食べてみたのでレビューをしていきます。レビューは「 ...

記事を読む

食生活

【低GI】夜活の効率を高めるおすすめ夕食4選【翌日も頑張る為に】

この記事では夕食後の生産性を高める食事術について詳しく解説していきます。会社から帰ってきてから自己研鑽などのいわゆる「夜活」を行っている方は、夜活の効率アップが見込める内容になっているので是非最後までご覧ください。 夕食の低GI食品は夜のもうひと踏ん張りに最適 夜に資格の勉強などの自己研鑽を行っていたり、副業を行っていたりといわゆる「夜活」に取組んでいる社会人は多いのではないでしょうか? そんな夜活を行っている社会人の方は夕食に低GI食品を食べることをおすすめします。 低GI食品とは食後の血糖値の上昇が穏 ...

記事を読む

食生活

【風邪予防、免疫力】11月におすすめな旬な食材【野菜、果物、魚介】

旬な食材は1年で最も味も栄養価も高いとされていて、積極的に摂取していきたいものです。この記事では11月が旬な食材とその栄養効果についてまとめました。是非この記事を最後まで読んで、食事の参考にしてみてください。 旬な食材は栄養たっぷり 最近は栽培技術の発展や海外からの輸入により1年中スーパーに並んでいる野菜も増えてきました。 しかし、旬の野菜とそうではない野菜は全くと言っていいほど栄養価に違いがあります。ほうれん草を例に挙げると、冬のほうれん草は夏のほうれん草と比べてビタミンCが4倍含まれています。 旬な食 ...

記事を読む

レビュー 食生活

【腸活効果アップ】ビオスリーの効果解説【毎日飲んでも大丈夫?】

現在、腸活を行っていて食生活に発酵食品や食物繊維を積極的に取り入れている方は多くいるかと思います。 この記事では「食生活+ビオスリー」の習慣が腸活の効果を高めるのに効果的であるということを紹介します。 この記事は以下のような疑問を持っている方におすすめな内容になっています。 リンク ビオスリーは腸活の強い味方 ビオスリーをただの整腸剤だと思っている方にビオスリーは腸活の強い味方だということを知っていただきたくて今回の記事を作成いたしました。 「腸活」すなわち腸内環境を整えることは私たちにとって多くのメリッ ...

記事を読む

アイキャッチ

自宅入浴

【お風呂ダイエットは痩せない】入浴の消費カロリーと正しい入浴方法

この記事ではでは入浴の消費カロリーとお風呂ダイエットでは痩せない理由について詳しく解説していきます。お風呂ダイエットはあまりカロリーを消費することはできませんが、ダイエットに効果的なメリットがたくさんあります。そのことについても詳しく解説していきます。 最後にダイエット効果を高める正しい入浴方法についても詳しく解説しているので是非最後までご覧ください。 入浴による消費カロリーは10分で約16kcal 60kgの方が10分間入浴したときの消費カロリーは約16kcalです。 国立健康・栄養研究所が発表している ...

記事を読む

食生活

【1日1杯】ルイボスティーで体の中から美しく【アンチエイジング効果】

ルイボスティーにはアンチエイジング効果をはじめとした多くの健康効果があり、近年健康茶としてとても人気です。最近はスーパーなどで手軽に買うことができ、カフェインを含まないため子供から大人まで飲むことができます。 この記事を最後まで読むことで、ルイボスティーのアンチエイジング効果の凄さやそのほかの知られざる健康効果について知ることができます。 是非ルイボスティーを生活に取り入れて、あなたの体でアンチエイジング効果を実感してみてください。 ルイボスティーとは ルイボスティーは南アフリカのセダルバーグ山脈の高地に ...

記事を読む

-温泉・サウナ
-