温泉・サウナ

【要注意!】サウナに入れない人の特徴【代案も提示します】

アイキャッチ
ヒナタ

サウナってとっても体にいいけど、誰でも利用しても大丈夫なのかしら?

今回はサウナを利用する際に注意した方がいい人の特徴について解説していきます!

ソラタ

この記事はこんな方におすすめ

  • 自分がサウナを利用しても問題ないか知りたい。
  • サウナにはどんなメリットがあるのか知りたい。
  • 熱いのが苦手だけど汗をたくさんかきたい。

この記事ではサウナを利用する際に注意した方が良い人の特徴について詳しく解説していきます。自分の体に少しでも心配がある方は是非今回の記事を参考にしてみてください。

また、記事の後半ではサウナより体へ負担をかけずに、大量の汗をかく方法について解説しているので是非最後までご覧ください。

ソラタ

あなたの生活をより良くするための情報をTwitterやFacebookからも発信しています。

サウナには健康メリットがたくさん

サウナ

近年サウナに関する研究が進み、サウナには様々な健康効果があることが分かってきました。

日本でも健康志向拡大などの追い風もあって空前のサウナブームが起こっています。

そんなサウナには以下のような健康効果が期待できます。

サウナの効果・メリット

  • ストレス解消
  • 集中力アップ
  • 睡眠の質の改善
  • 美容効果
  • 肩こり、腰痛の改善

サウナの健康効果やメリットについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参照してみてください。

no image
オートミールダイエット

続きを見る

これに当てはまる方は要注意!

医師

サウナには多くの健康効果やメリットがありますが、その反面体への負担はとても大きいです。

以下の条件に当てはまる方はサウナを利用するのは注意が必要です。

サウナの利用に注意が必要な人

  • 高血圧の方
  • 心臓、血管系の疾患を持っている方
  • 透析中の方
  • 妊娠中の方
  • 感染症をお持ちの方
  • 泥酔している、または二日酔いの方
  • その他体調がすぐれない方

上記に当てはまる方は大きな健康被害が出たり、事故などにつながる恐れがあるのでサウナの利用を控えるか、一度医師に相談してみましょう。

熱いのが苦手な方は岩盤浴もおすすめ

岩盤浴

身体に特に異常がないけれど熱いのが苦手な方は岩盤浴がおすすめです。

岩盤浴はサウナより低い温度で、大量に汗をかくことができます。

一般的にサウナは室温が80~90℃くらいなのですが、岩盤浴の室温は40~60℃のものが多いです。

体感ですが、岩盤浴は「ちょっと暑いかな」くらいの温度設定のところがほとんどです。

サウナよりも低温で体への負担も少ないのですが、じっくりと身体を芯まで温めるので滝のように汗をかくことができます。

岩盤浴は以下のようなメリットが期待できます。

岩盤浴の効果

  • 美容効果
  • ダイエット効果
  • リラックス効果
  • 冷え性の改善
  • 疲労回復

岩盤浴の入り方については以下の記事にて詳しく解説しています。

アイキャッチ63
岩盤浴の効果・入り方について解説【サウナが苦手な方にもおすすめ】

続きを見る

まとめ

ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。

この記事ではサウナに入る際に注意した方が良い方の特徴について解説してきました。この記事をまとめると以下になります。

まとめ

  • サウナを利用することで多くのメリットがある。
  • 高血圧や心臓、血管系の疾患を持つ方等は事前に医師へ相談する。
  • 岩盤浴はサウナより低温環境下で汗をかくことができる。

この記事で上げた特徴に当てはまらなくても、少しでも心配事があるなら事前に医師へ相談しましょう。

この記事を通じてあなたの生活が少しでも素晴らしいものになることを願っています。

参考にさせて頂いた書籍・論文・サイト

【書籍】「医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?」加藤 容崇

P.S

Twitterでも日々情報を発信しています。それではまた次の記事でお会いしましょう(^^)/


no image
オートミールダイエット

続きを見る

アイキャッチ

温泉・サウナ

オロポとは?効果や超簡単な作り方も解説【全サウナー必見!】

この記事はこんな方におすすめ 自宅で入浴後にオロポを楽しみたいかた。 オロポの効果やカロリーについて知りたいかた。 サウナ後の水分補給で牛乳以外の選択肢を探しているかた。 この記事ではサウナー界で人気急上昇中の水分補給ドリンク「オロポ」について深堀していきます。サウナーの間では「風呂上がりのビール」ならぬ「風呂上がりのオロポ」が空前のブームになっています。なぜオロポがこれほどまでに人気が高いのかについてや自宅での簡単な作り方についても解説していくので是非最後までご覧ください。 リンク リンク オロポはサウ ...

記事を読む

食生活

【風邪予防、疲労回復】12月におすすめな旬な食材【野菜、果物、魚介】

旬な食材は1年で最も味も栄養価も高いとされていて、積極的に摂取していきたいものばかりです。この記事は以下のような疑問を持っている方におすすめな内容になっています。 この記事を最後までご覧いただくと、12月が旬の食材についての知識を深めることができます。是非この記事の内容を日頃の食事の参考にしてみてください。 12月が旬な食材を食べよう 最近は栽培技術の発展や海外からの輸入により1年中スーパーに並んでいる食材も増えてきました。そのため季節の食材が分かりにくくなっています。 しかし旬な食材を食べることにはメリ ...

記事を読む

アイキャッチ

温泉・サウナ

【サウナの水風呂に確実に入れる!】克服方法を2つ紹介【ととのう】

この記事ではサウナは好きなんだけど水風呂はどうしても敬遠してしまうという方に向けて、水風呂を克服する方法について詳しく解説していきます。私自身サウナにはまった当初は水風呂を避けていた経験があります。 しかし今回紹介する方法を試してみたところすっかり水風呂にはまってました。この記事を最後まで読めば、きっとあなたも水風呂に入ってみたくなること間違いなしです。 水風呂が苦手な原因 水風呂が苦手な原因は主に以下の2つが考えられます。 どちらも正しい対策を行うことで、次第に抵抗なく水風呂に入ることができるようになり ...

記事を読む

レビュー

【効果解説】GABA for Sleep チョコレート レビュー

この記事ではグリコから販売されている「GABA for Sleep チョコレート」の正直レビューをしていきます。この記事は以下のような疑問を持っている方におすすめな内容になっています。 リンク GABA for Sleepチョコレート レビュー 上記の画像が先日購入しました「GABA(ギャバ) for Sleepチョコレート」です。 青を基調としたクールでかっこいいパッケージが特徴的です。そして箱の上部には一番のセールスポイントである「睡眠の質を高める」の文字がひときわ大きく記載されています。 こちらの商 ...

記事を読む

アイキャッチ

自宅入浴

湯冷めしないための入浴方法を徹底解説【2点だけ気をつければOK】

この記事では湯冷めしてしまう原因と対策について解説していきます。湯冷めしてしまうと風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまう危険があるので是非この記事を最後まで読んで湯冷めについての正しい知識を身につけましょう。 湯冷めする原因と予防方法 お風呂に入ると血行が良くなり「疲労回復」、「免疫力向上」、「ストレス解消」、「冷え性改善」などの健康効果が期待できます。 そんな身体にいいことがたくさんある入浴ですが入浴後の「湯冷め」には気をつけないといけません。湯冷めを起こしてしまうと体が冷えてしまい寒気を感じたり、 ...

記事を読む

アイキャッチ

自宅入浴

【自宅で整う】超簡単にできる温冷交代浴のやり方【危険はある?】

この記事では自宅で簡単に整うことができる温冷交代浴について解説していきます。温冷交代浴を行うことでお風呂の入浴効果を高めることができるので是非最後までご覧ください。 温冷交換浴とは 暖かいお湯と冷たい水に交互に入る入浴方法を温冷交代浴と言います。 古代ローマでも健康によいとしてこの温冷交代浴が用いられており、「ローマ式入浴法」と呼ばれることもあります。前々からスポーツ選手などの間でも疲労回復に効果的だとして知られている健康入浴方法の1つです。 最近人気が高まっているサウナもこの温冷交代浴による健康効果が期 ...

記事を読む

アイキャッチ

その他 未分類

家事の消費カロリーはどれくらい?自宅でらくらく家事ダイエット

この記事はこんな方におすすめ 運動不足やストレスを解消したいかた。 ジムに通うための体力をつけたいかた。 家事の消費カロリーを増やす方法を知りたいかた。 本記事では家事でどのくらいカロリーを消費できるかについて解説していきます。実は私たちが普段行っている家事は結構なカロリーを消費しているんです。 消費カロリー表や家事の消費カロリーを増やすちょっとしたコツなども分かりやすく解説していますので是非最後までご覧ください。 家事は実はかなりカロリーを消費している 見出しにもある通り家事はかなりカロリーを消費する作 ...

記事を読む

食生活

【仕事効率アップ】集中力を高める低GI食品とは?【おすすめ10品目】

あなたは「低GI食品」についてどれくらい知っていますか? 低GI食品は集中力のアップや糖尿病の予防に効果的だとして注目されています。あなたが普段食べているお蕎麦や大豆食品、さつまいも、りんご、ヨーグルトなどは全て低GI食品です。 この記事を最後まで読むことで低GI食品についての知識を身につけることができ、あなたの日々の仕事効率の向上が期待できます。仕事効率が向上することで時間に余裕が生まれ、生活の質(QOL)が高まります。また、この記事の最後ではおすすめの低GI食品について紹介しています。 GI値とは食後 ...

記事を読む

-温泉・サウナ
-